FC2ブログ
元外為ブローカーの税理士への道のり
ロックバンド、外為、FP、そして税理士へ・・・そんなオヤジのあれこれです。
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経新聞の世論調査
 本日の日経新聞朝刊に掲載されていた世論調査(9/23~9/25に実施)結果について、へぇ~という感じを持ちました。

 まず、配偶者控除の廃止に対して、賛成が53%、反対が32%です。配偶者控除に代わる控除制度ができて税負担は変わらないと期待しているのか、103万円の壁を取り払いたいと思っているのか分かりませんが、賛成が過半数を超えたことについて意外感を持ちました。

 日銀のマイナス金利政策に対して評価するが29%、評価しないが49%。これは調査の主体が日経新聞であることから何となく分かるような気がします。この質問に対する年代別の回答を見ると更になるほどと思えます。「評価する」を年代別にみると、20歳代が48%、30歳代が47%、40歳代が33%、50歳代が29%、60歳代が19%、70歳代が17%と年齢が高くなるにつれて「評価する」の割合が低くなってきています。
 これは明らかにマイナス金利のメリットが若い方に多くあり、年齢の高い方に対しては運用難を引き起こしているということでしょう。マイナス金利政策についてはこれだけはっきりと年代別の評価が分かれているのですから、こういう視点でも検証をすべきなのかもしれません。本来であれば国民全体にまんべんなくメリットを及ぼすような政策が望ましいはずです。

 もう1つ意外な結果が蓮舫代表に期待するが51%あったことです。小生にとっては口先だけで中身が伴ってこなかった過去の行動からすると期待というよりは大丈夫なのかなという心配が先に来ていました。とは言え、幹事長人事などは評価していないようですから、世の中の方々はこの新代表に期待しているというよりは、野党第一党として野党の役割をしっかり担うためにも「頑張れ!」というエールを送っているのかもしれません。

 良い与党を作るには良い野党が必要です。今の自民党独走が良いとは思えませんので、民進党には身のあるしっかりした対案を持って、議論をしていってほしいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zeimufphonma.blog.fc2.com/tb.php/356-5fd38a86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロックンロールFP&税理士  本間慶喜

Author:ロックンロールFP&税理士  本間慶喜
大学卒業後、バンド活動をしつつ印刷会社勤務。イギリス留学を経て、外為の世界へ。
東京~ロンドン~シンガポールの外国為替市場で通貨オプションの取引に従事。
CFP・宅建取得,そして税理士へ。
住宅ローンアドバイザー。

趣味:ドラム、落語、刺繍、ウォーキング、読書、最近囲碁も始めました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。