FC2ブログ
元外為ブローカーの税理士への道のり
ロックバンド、外為、FP、そして税理士へ・・・そんなオヤジのあれこれです。
09 | 2018/10 | 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

平成27年度の医療費
 平成27年度の概算医療費が41.5兆円だったそうです。わが国には保険制度がありますので、もちろんこの全額を患者が負担しているわけではありません。では、このとてつもない金額を一体誰が負担しているのでしょう。

 平成25年度のデータで見ますと、医療費が約40兆円で、その負担の内訳は
   公費が15.5兆円(38.8%)・・・国が10.3兆円、地方が5.1兆円
   保険料が19.5兆円(48.7%)
   患者負担などが5兆円(12.5%) となっています。

 ザックリ言って、医療費の1/4が国庫でまかなわれています。税金ということですね。医療費は右肩上がりでガンガン増えていますので、それに伴って公費の負担額も増えています。

 健康保険料は所得によって変わります。所得が多ければ保険料も高くなります。しかし、高い保険料を支払っても、自己負担は3割で、皆さん同じです。健康保険料を毎月1万円支払っている人も、10万円支払っている人も、同じ治療をすれば同じ自己負担額です。健康保険はそういう制度です。

 医療費の国庫負担の原資は税金です。この税金も所得の高い方がたくさん納めています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zeimufphonma.blog.fc2.com/tb.php/345-499960dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロックンロールFP&税理士  本間慶喜

Author:ロックンロールFP&税理士  本間慶喜
大学卒業後、バンド活動をしつつ印刷会社勤務。イギリス留学を経て、外為の世界へ。
東京~ロンドン~シンガポールの外国為替市場で通貨オプションの取引に従事。
CFP・宅建取得,そして税理士へ。
住宅ローンアドバイザー。

趣味:ドラム、落語、刺繍、ウォーキング、読書、最近囲碁も始めました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR