FC2ブログ
元外為ブローカーの税理士への道のり
ロックバンド、外為、FP、そして税理士へ・・・そんなオヤジのあれこれです。
09 | 2018/10 | 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

配偶者控除の見直し 本格化
 政府税制調査会で平成29年度税制改正に向けた議論が始まりました。その中の1つが「配偶者控除」の見直しです。配偶者控除は専業主婦世帯の税負担を軽くするという目的で設けられた制度ですが、今や女性の社会進出を妨げていると悪者扱いされています。

 配偶者(例えば、妻)の給与収入が103万円を超えると(夫の)配偶者控除が無くなることにより、(夫の)税額が上がってしまうので、この103万円を意識せざるを得ない。要するに、本当であればもっと働きたいのにこの控除があるために収入制限をせざるを得ない、という理屈です。

 時給を上げれば、労働時間を減らすことになり、会社側は何のために昇給するのか分からなくなります。

 マスコミでの言い方は、103万円を1円でも超えれば配偶者控除が無くなってしまって、突然税額が跳ね上がるような言い方をしていますが、配偶者控除が無くなっても、次に配偶者控除特別控除があります。年収105万円未満に対する配偶者特別控除は38万円です。この38万円は配偶者控除と同じ額です。

 で、105万円を超えてから、5万円刻みで控除額が少しずつ減ってきます。配偶者特別控除がゼロになるのは、141万円以上です。まずこの点を押さえておいて欲しいと思います。要するに、103万円が天国と地獄の分かれ目ではないということです。

 103万円を超えれば、所得税が課されてくるかもしれませんが、生命保険控除などがあれば、課税され始める金額はもう少し上がります。他の所得控除を考慮した上で、課税所得が10万円だったとしましょう。それに対する所得税は5千円です。住民税を合わせても15000円です。

 配偶者控除が無くなるから103万円を超えないようにしていることと、税金を課されたくないから103万円を超えないようにしているのは全く別の話なのです。前者は税制の特典を最大限に活用して世帯としての税額を下げようとすることであり、後者は国民としての納税の義務から逃れようとすることであるとも言えます。

 税制調査会の議論では、配偶者控除を廃止すると(選挙の)地元の主婦層から反対が出そうだから、気が重いと言った声が出ているようで、代議士先生の税に対する知識の乏しさには・・・残念! です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zeimufphonma.blog.fc2.com/tb.php/341-de33327f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロックンロールFP&税理士  本間慶喜

Author:ロックンロールFP&税理士  本間慶喜
大学卒業後、バンド活動をしつつ印刷会社勤務。イギリス留学を経て、外為の世界へ。
東京~ロンドン~シンガポールの外国為替市場で通貨オプションの取引に従事。
CFP・宅建取得,そして税理士へ。
住宅ローンアドバイザー。

趣味:ドラム、落語、刺繍、ウォーキング、読書、最近囲碁も始めました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR