FC2ブログ
元外為ブローカーの税理士への道のり
ロックバンド、外為、FP、そして税理士へ・・・そんなオヤジのあれこれです。
09 | 2018/10 | 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

8月の雇用統計
 先週のジャクソンホールでのイエレン氏の講演とそれに続くフィッシャー氏のインタビューで、9月の利上げの可能性が高まってきました。利上げのためには、FRBとして将来の展望が良いことを確認できる経済指標が必要となります。
 本日の8月の雇用統計発表はその第一弾となるわけです。非農業部門の雇用増加は151,000人で予想を下回りました。失業率は4.9%で前月から変動無しです。
 この発表受けた直後は102.80近辺まで一気に円高に振れました。雇用増加が予想を下回ったことで9月の利上げが無くなるであろうとの判断です。金利関係の取引もその方向で反応しました。

 しかし、7月の雇用増加が255,000人から275,000人に上方修正されました。6月、7月の大幅な増加を考えれば、雇用状況は引き続き堅調であると言えます。また、時給などの賃金面でも改善傾向が見られることから、9月の利上げの可能性を完全に否定することはできないかもしれません。そんな流れを受けて、発表直後102円台に突入したドル円相場は、すぐさま反転し104円台での取引となっています。

 NYダウは上げてスタートしています。こちらは9月の利上げ観測が後退したとの見方によるものでしょう。

 今月のFOMC(20~21日)まではいくつかの経済指標の発表があります。本日の雇用統計後に発表された7月の製造業受注に見られるように、発表された数値は事前予想を下回っていますが、前月の数値からは改善しています。
 このように予想を上回るような良い数値が出なくても、堅調な経済状況が確認できるような指標が出てくれば利上げという可能性も低くはないと思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zeimufphonma.blog.fc2.com/tb.php/333-f12714d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロックンロールFP&税理士  本間慶喜

Author:ロックンロールFP&税理士  本間慶喜
大学卒業後、バンド活動をしつつ印刷会社勤務。イギリス留学を経て、外為の世界へ。
東京~ロンドン~シンガポールの外国為替市場で通貨オプションの取引に従事。
CFP・宅建取得,そして税理士へ。
住宅ローンアドバイザー。

趣味:ドラム、落語、刺繍、ウォーキング、読書、最近囲碁も始めました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR