FC2ブログ
元外為ブローカーの税理士への道のり
ロックバンド、外為、FP、そして税理士へ・・・そんなオヤジのあれこれです。
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最低賃金の引上げ(3)
 先日、最低賃金引上げのニュースが出ました。その後、小生が月次巡回で顧問先の社長様にお話を伺って、この件についてお話をしていますが、一様に社長様の評価はよろしくないです。

 賃金の引き上げが単に企業にとってコスト増になるという理由だけではありません。先日のコメントでも触れましたが、最低賃金のところで働いているのは時間給のアルバイトやパートです。これらの方々は多くが扶養又は配偶者という立場で、いわゆる「103万円壁」を意識して働いています。要はこれ以上年収を増やそうとは思っていないのです。

 つまり、時給が上がって、この103万円を超えないようにすると、結果的に年後半の労働時間調整につながってしまい、労働時間の短縮になってしまうのではないかということを多くの社長様が懸念しています。年末の繁忙期に「私、103万円を超えそうなのでもう働きません」なんてことになってしまいかねないのです。

 また、この最低賃金の引上げは10月1日からとなっており、会社にとっては会計年度の途中での賃金の変更であり、年間計画にも影響を与えることになります。

 これが現場の声であり、本来ならば、このような声を政策に反省すべきではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zeimufphonma.blog.fc2.com/tb.php/330-00759972
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロックンロールFP&税理士  本間慶喜

Author:ロックンロールFP&税理士  本間慶喜
大学卒業後、バンド活動をしつつ印刷会社勤務。イギリス留学を経て、外為の世界へ。
東京~ロンドン~シンガポールの外国為替市場で通貨オプションの取引に従事。
CFP・宅建取得,そして税理士へ。
住宅ローンアドバイザー。

趣味:ドラム、落語、刺繍、ウォーキング、読書、最近囲碁も始めました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。