FC2ブログ
元外為ブローカーの税理士への道のり
ロックバンド、外為、FP、そして税理士へ・・・そんなオヤジのあれこれです。
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NISA
 本日の日経朝刊によりますと、政府はまたまたNISA制度を変更するらしい。その利用が伸び悩んでいることがその理由のようですが、そもそも制度導入の時に、どのくらいの利用を期待していたのでしょう。

 弊ブログ(2015年3月12日版)でも述べましたが、NISA発祥のイギリスでは開設された口座の多くが預金用なのです。かつて日本でもありました、「マル優」に近い制度です。今では金利がほぼゼロなのでどうでもいいでしょうが、そこそこの金利があった時には悪くはなかったです、預金利息の源泉分が無いんですから。これだったら、皆さん利用しますよね。

 国民に株を買って欲しければ、NISAみたいな制度をちょこちょこ変更するんじゃなくて、前みたいに証券税制にかかる税率を下げればいいんです。でも、これはまずできない。たくさん株を持っているのは金持ちだから、「税率を下げる=金持ち優遇」という理屈になって国民から批判を受けることになるからです。

 だから、NISAなどという何だか特典がありそうな制度を作って、投資に馴染みの無い国民が「ちょっと投資でもしてみようかなぁ~」なんて気にさせようとしているのです。この中間層あたりに対しての優遇なら批判は受けず、更に、株価上昇にもつなげることができるという目論見でしょう。

 しかし残念ながらこの制度には大きな欠陥があります。株式投資をやったことがない人は、税金を優遇するからといっていきなり株式投資なんてしないのです。投資をしない人は、何だかわからないものに、自分の大事な大事なお金をつぎ込むことにものすごく抵抗があるのです。

 制度がスタートしたばかりの頃は、口座開設数がそれなりに増加していきました。特に高齢層に多かったと聞いています。でも、制度のことをしっかりと理解していた方は少なかったのではないでしょうか。口座を開設するだけでメリットがある、儲かる、と思っていたのではないでしょうか。

 NISAは儲かったところに課する税を非課税にするという、それだけの制度なのです。制度としては大したものではないのです。そもそも、NISAのメリットを享受するためには、「儲からなければならない」のです。株をやったことがない人が、急に始めて「儲かる株」を見つけられるでしょうか。と言いますか、そんな危ない橋をそもそも渡らないですよね。
 NISAがあろうがなかろうが、やらない人はやらないのです。この心理を理解していないうちは、ちょこちょこ制度を変えたところで、利用は増えないと思います。

 今やるべきことは、細かい制度のマイナーチェンジではなく、大局をどうするかではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zeimufphonma.blog.fc2.com/tb.php/319-abde1628
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロックンロールFP&税理士  本間慶喜

Author:ロックンロールFP&税理士  本間慶喜
大学卒業後、バンド活動をしつつ印刷会社勤務。イギリス留学を経て、外為の世界へ。
東京~ロンドン~シンガポールの外国為替市場で通貨オプションの取引に従事。
CFP・宅建取得,そして税理士へ。
住宅ローンアドバイザー。

趣味:ドラム、落語、刺繍、ウォーキング、読書、最近囲碁も始めました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。