FC2ブログ
元外為ブローカーの税理士への道のり
ロックバンド、外為、FP、そして税理士へ・・・そんなオヤジのあれこれです。
09 | 2018/10 | 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

日銀の金融緩和
 7月29日の日銀の金融政策決定会合で、ETF(上場投資信託)の買入れを年3.3兆円から6兆円へ増額することを決定しました。いわゆる金融緩和策の追加策です。しかしマネタリーベースの年80兆円は変更しませんでした。つまり、国債を中心としたマネタリーベースの増加額を年80兆円から変更せずにETFの買入れを増加したということは、その分国債の買入れを減少させるということになります。緩和政策が限界に近づいたのではないかとの邪推も働きます。

 また、国債から株へシフトしたということも見逃せません。日銀、つまり中央銀行が大量の株購入に動いているのですから、小さからぬ問題が出てきます。日銀が金融緩和のために購入する国債やETFは金融緩和策が終了するまで基本的には売却しません。ETFで言えば、一度買った株は当面売却しないということになりす。それも中央銀行が、です。市場参加者による自由な売買を基本とする株式市場をゆがめることになりかねません。そのようなことは、海外投資家にマイナスのイメージは持たれることにもなります。

 黒田総裁になってから、2%の物価上昇という目的を達成するためには手段を選ばずという印象が強く、また、そのことに強い危機感を覚えます。すっかり成熟してしまった我が国ではもう数十年前のような経済成長もそれに伴う物価上昇も起こらないと小生は考えています。不適切で不必要な栄養剤やホルモン剤を投与するといつの日にかボロボロになってしまうのではと思ってしまいます。
 
 間もなくオリンピックが開幕します。「ドーピングは絶対に止めよう!」と言っているではないですか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zeimufphonma.blog.fc2.com/tb.php/303-b98a4526
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロックンロールFP&税理士  本間慶喜

Author:ロックンロールFP&税理士  本間慶喜
大学卒業後、バンド活動をしつつ印刷会社勤務。イギリス留学を経て、外為の世界へ。
東京~ロンドン~シンガポールの外国為替市場で通貨オプションの取引に従事。
CFP・宅建取得,そして税理士へ。
住宅ローンアドバイザー。

趣味:ドラム、落語、刺繍、ウォーキング、読書、最近囲碁も始めました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR