FC2ブログ
元外為ブローカーの税理士への道のり
ロックバンド、外為、FP、そして税理士へ・・・そんなオヤジのあれこれです。
12 | 2019/01 | 02
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書後記:「赤い三日月」 黒木亮:著
 年末年始に多少は時間が取れるので、久しぶりに長編の経済ものを読みました。黒木亮の「赤い三日月:小説ソブリン債務」です。作者の黒木氏は銀行、証券会社、総合商社に勤務され金融関連の小説を多数お書きになっています。

 「赤い三日月」は1990年前半のトルコを舞台としたファイナンスの物語。邦銀ロンドン支店のトルコ担当者がトルコの国内情勢に振り回せらながら案件を成立させていきます。時には本店とトルコとの間に挟まれながら、粘り強い交渉力によって局面を打開していくというハラハラドキドキの場面もあります。

 この小説はIMF幹部の雑談で終わるのですが、私はこの部分が肝なんだろうと思います。常々、アメリカがIMFや世界銀行へ介入し、これらの機関を通して世界を牛耳ろうと考えているだろう、それゆえ金融危機などには仕組まれた部分もあるのだろうと感じていましたので、この幹部たちの会話には「なるほどね。やはり背後にはそういうことがあるのね。」などと妙に納得してしまいました。

 
スポンサーサイト

コメント

R’RFPさん、こんにちは。ご無沙汰しておりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

面白そうな小説ですね。タイトルもトルコの国旗を思い起こさせますね。
米1ドル札に、かの秘密結社のメッセージが込められる話もあり、世界征服を目論む話は、興味深いです。
[2015/01/17 17:43] URL | 舞台照明 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zeimufphonma.blog.fc2.com/tb.php/223-59cccb58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロックンロールFP&税理士  本間慶喜

Author:ロックンロールFP&税理士  本間慶喜
大学卒業後、バンド活動をしつつ印刷会社勤務。イギリス留学を経て、外為の世界へ。
東京~ロンドン~シンガポールの外国為替市場で通貨オプションの取引に従事。
CFP・宅建取得,そして税理士へ。
住宅ローンアドバイザー。

趣味:ドラム、落語、刺繍、ウォーキング、読書、最近囲碁も始めました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。