FC2ブログ
元外為ブローカーの税理士への道のり
ロックバンド、外為、FP、そして税理士へ・・・そんなオヤジのあれこれです。
12 | 2019/01 | 02
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FRBのQE3終了と日銀の追加金融緩和決定
 FRB(アメリカ連邦準備理事会)が29日、量的緩和政策の第3弾(いわゆるQE3)に伴う証券の購入を今月いっぱいで終了することを決定しました。2008年のリーマンショック以後約6年間に渡って取られた対応策が一区切りとなります。

 リーマンショック後に株価は暴落し、また失業率も10%台に達するなど未曾有の危機に対する政策であったわけですから、いつかは終了させなければならなかったのですが、景気の回復を見定めつつ、そのタイミングを計ってきました。量的緩和政策の転換が予想される度に株価、外国為替は一喜一憂し大きく反応してきました。次のハードルはゼロ金利政策の解除となります。

 景気回復が思わしくないとか、イスラム国とか、エボラ熱とかの理由で10月の中旬にかけて1000ドルほど下落したNYダウもここにきて17000ドル台を回復しいったん落ち着いているように見えます。

 さて、本日の日本市場。日銀の追加金融緩和の発表を受けて株式市場は800円以上も急騰、外国為替市場は円売りが進み2円程の円安となりました。相変わらずの金融政策に対する過剰反応ですね。この発表に対しての超短期の反応は円売り、株買いで結構なのですが、政策そのものを冷静に見つめると、「これ以上日銀が資産の買い入れをして大丈夫なのだろうか」という単純な疑問が湧いてきます。現時点でさえ異常な金額の国債買入れを行っているわけで、この上、上場信託だの不動産投資信託だのの購入を増やしてどうするんだろう。パンパンに膨らんだ資産をいつ放出するんだろう。日銀がたんまり買い込んだ資産の買い手はいるんだろうか。刻一刻と上昇を続けるチャートを見ながらそんなことを思っています。

 アメリカは「量的緩和」と「ゼロ金利」という2つの大きなハードルのうち1つは何とかクリアしました。日本は明確な出口戦略を示すこともなく、さらに胃袋にぶち込んでいます。「もう食えねぇ~」、胃袋の悲鳴が聞こえてきそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zeimufphonma.blog.fc2.com/tb.php/201-e3b973b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2014年最も読まれたニュース

日本語版くだらねぇな。日本語によるブルームバーグユーザーの偏りが顕著に表れた結果と言えようw 英語版の方がより民主的な結果となる。 私の主観では、2014年の最大の出来事は「FRBの金融緩和の縮小」の一言に尽きる。しかし日本に住んでいるアマ投資家の先輩は、日銀の量的緩和やGPIF改革は意識しているのだが、QEシリーズはあまり注意を払っていないということだった。最も読まれたニュース日本語版を見...
[2014/12/30 21:10] 投資一族のブログ

プロフィール

ロックンロールFP&税理士  本間慶喜

Author:ロックンロールFP&税理士  本間慶喜
大学卒業後、バンド活動をしつつ印刷会社勤務。イギリス留学を経て、外為の世界へ。
東京~ロンドン~シンガポールの外国為替市場で通貨オプションの取引に従事。
CFP・宅建取得,そして税理士へ。
住宅ローンアドバイザー。

趣味:ドラム、落語、刺繍、ウォーキング、読書、最近囲碁も始めました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。