FC2ブログ
元外為ブローカーの税理士への道のり
ロックバンド、外為、FP、そして税理士へ・・・そんなオヤジのあれこれです。
12 | 2019/01 | 02
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マネーセミナーのお知らせ
女性向け「マネーセミナー」のお知らせです。
2018年10月6日(土) 
13時より
GOBLIN.原宿店-ROADSIDE にて
マネーセミナーを行います。

お金や投資について基本の「き」から学べる内容です。
将来のお金について不安、
投資をしたいけどどこから始めたらいいの
・・・等々

詳細は ⇒ こちら 
スポンサーサイト
ドラえもん
 アニメ「ドラえもん」はフランスでは放送禁止になっている、その昔そんな噂を聞いたことがありました。どうやら短期間放映されていたことがあったようなので放送禁止ではなかったようですが、日本では超長寿番組ですから、短期間ということから何かしらあったのかもしれないと推測できます。

 さて、こちらは現在の話。インドとパキスタンでドラえもんの放送禁止の声が上がっているという記事が某経済紙に掲載されていました。ドラえもんがのび太君の希望を何でもかなえてくれる、という筋書きが問題なんだそうです。ドラえもんの根本に触れる本質的な問題です。

 確かにのび太君は、宿題はやらない、怠けるといった小学生の模範となる児童ではありません。そのため窮地に追い込まれれ、その窮地からドラえもんがポケットからあれやこれやの秘密の道具を出してこの窮地から救ってくれるのですから、のび太君にとってドラえもんは超スーパー救世主です。誰もがこんな救世主を欲しいと思うでしょう。

 大人であればドラえもんは架空の存在、アニメのように窮地から簡単に救ってくれることなんかあり得ない、と分かっていますが、子供はそうはいかないかもしれません。要は、ドラえもんのような救世主がいると信じてのび太君のような怠け者になっては困るということです。

 それぞれにお国の事情があるのでしょうが、放送禁止又は放映時間の制限に動くというのは国民性でしょうか。たかがアニメとこういった国の動きを一笑に付すこともできるでしょう。しかし、子供の教育は将来の国力にもつながってきます。こういった国によって異なる対処が将来の力の差となって表われなければ良いのですが・・・。

東京で停電
 本日午後、東京で停電がありました。小生としては後でニュースで知ったので「停電があったそうです」という感じです。停電が起きた時間帯は新宿区の某所でセミナーを受講していました。幸いにも停電の影響を受けずに3時間の研修会は無事終了、研修会の会場となった建物のエレベータも平常通りに動いていましたし、帰りの電車にも遅延等々が無く、ごく普通に事務所に戻ってきました。

 事務所に戻ってニュースを見たら、「東京で停電」。えっ、そうだったの?送電施設の火災が原因とのことですが、こう言った施設に何十万という世帯が頼っていることを改めて知りました。日本は停電がきわめて少ない国であり、私たちもそのインフラ整備の質の高さを感じること無く、当たり前のように電気や水道、ガスを使っていますが、この様な機会に当たり前のことをありがたいと思う気持ちを持ちたいと思います。

 それにしても、ほんの数時間で復旧したのですから、このリカバリー力も大したものです。

とある日のニュース番組
 アメリカ大統領選挙は第2回目のテレビ討論会を終え、ラストスパートの段階に入ってきました。女性蔑視発言だの夫がこれだけの女性と関係を持っただの超大国アメリカの大統領選の論点とはおよそかけ離れたところでヒートアップしているようです。

 我が国はと言いますと、東京は豊洲問題、オリンピック問題ですったもんだ、嘘ついたの何だのと、問題点を掘り起こしたのは良いが、落としどころが全く見えない状態です。

 国会は、こちらも景気が今一つ、日銀も打つ手無しで、野党も攻めに力が入りません。

 こんな状況を反映してか、数日前の国営放送の夜のニュース番組の放送順は、都議会 ⇒ アメリカ大統領選 ⇒ 国会 でした。話題性からすればこうなるのかもしれませんが、やっぱり国会が一番目に来なければいけないのではないでしょうか。と言いますか、このような順番でニュース番組が組まれてしまうから、政治が一向に前に進まず、景気だって回復しないのではないかと思ってしまいます。

 政治は私たちの生活そのものなのですから、面白とかと言った興味ではなく自分のこととしてもっと真剣に対峙すべきでしょう。「劇場型政治」などという言葉はあってはならないのです。私たち有権者が主役なのですから。

昔ってどうだったけ?
 携帯電話をはじめ、便利な機器が世の中に出回りそれらを当然のように使っているとそれがあることが当たり前になり、その当たり前を意識しない程に当たり前になってくると、その便利な機器に対して便利であるという感覚さえをも失ってしまっているかもしれません。

 「こういう物が無かった時代は、どうしたんだっけ?」・・・時々、こんなことを考えます。小生のような年齢の人たちはその時代の流れ・動きを見てきた訳で、昔の記憶もしっかり残っています。小生が会社員になった頃は、外出中の同僚との連絡は「ポケットベル」でした。それからまめに会社に電話を入れていました(もちろん公衆電話からです。)。

 学生時代の飲み会とかどうしたっけ?1週間先、1ヶ月先の飲み会にだってきっちり集まったし、だから時間にはみんな正確だった。「ごめん、遅れるから先に行ってて」なんて連絡は、駅の改札で待っているみんなに連絡できなかったから。携帯なんかなくたって昔の人は(と言っても、ほんの30年ほど前の話ですが)、ちゃんと時間も守れたし、約束も守ったんですよね。

 電車の中ではどうだったでしょう。多くの方が本や新聞を読んだりしていました。今みたいに携帯でゲームなんてできませんでしたから。

 携帯電話1つ取っても、本当に便利になったのか、人間性とかどうなったんだろう、そんな素朴な疑問が湧いてきます。



プロフィール

ロックンロールFP&税理士  本間慶喜

Author:ロックンロールFP&税理士  本間慶喜
大学卒業後、バンド活動をしつつ印刷会社勤務。イギリス留学を経て、外為の世界へ。
東京~ロンドン~シンガポールの外国為替市場で通貨オプションの取引に従事。
CFP・宅建取得,そして税理士へ。
住宅ローンアドバイザー。

趣味:ドラム、落語、刺繍、ウォーキング、読書、最近囲碁も始めました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。